猫又よや

【奴隷 動画】 【VR】【白衣の堕天使】昼間はニコニコ優しいのに、夜中になると毒薬を舐め広げながら強●搾精してくる毒舌罵倒ナース 月乃ルナ 【無料 画像】

猿が木から降りたように、リンゴが木から落ちたように、ボクが車にはねられて自転車から吹き飛ばされるのも、きっと必然だったのだろう。 世の中には2種類の生物がいる。【強者】と【弱者】、またの名を【勝者】と【敗者】、またの名を【ナース】と【患者】。 患者とは敗者であり弱者である。 対してナースは勝者であり強者なのだ。患者はナースにあらゆる権利を奪われ、あらゆる尊厳をへし折られ、あらゆる行動を制限される。 我々患者に一切の自由はない。 首をたれ、地べたを這いつくばりながら、チンポだけは常に上を向けている必要がある。 ナースという生き物は常に性欲と支配欲に満ちている。 イケメンで高身長で高学歴で高収入でチンポがでかい医者をゲットだぜ出来れば1番良いが、医者の数には限りがある。 そもそもその医者がナースに興味が無ければ意味がない。 だからナースはいつも、尿道カテーテルを刺しながらいいチンポがないかを探している。 自らが支配することができる患者という名の奴●を使って性欲を好きなように発散するために働いている。 その際、患者の怪我や病気の具合は全く考慮されない。 それがナースという生き物の傲慢さであり、図太さであり、本性である。 むしろ怪我などは悪化しない程度に痛めつけようとしてくるまである。 いつまで経っても完治せずに患者は入院し続けることになるが、それをナースは見越している。 ナースにとっては、日々新たな重症な奴●候補を受け入れるよりも、半分治りかけでチンポを元気に勃起させられる程度の患者をずっと抱えて、昼間のお世話も軽微で済む方が楽でいいのだ。 ナースの朝は早い。患者の食事に自分特製の毒薬兼媚薬を混入させるためである。 その薬には、身体を痺れさせ、痛みを倍増させる代わりに、感度を数倍に引き上げ、さらには勃起が収まらなくなる成分が含まれている。 昼間は医者に媚びを売る為か、所謂白衣の天使のような振る舞いをするのもナースの特徴である。 夜になると、本性を現す。 医者がみな寝静まり、ナースらの絶対王政が始まる。 食事に含まれていた薬は、今度は直接ナースらの口から与えられることになる。 顔へ身体へ乳首へ、くまなく舐め広げられることとなる。 もちろん全身には薬と怪我で二重の激痛が走るが、患者にとってそれは快感とならねばならない。 逆にナースを患者が舐めることもある。 それは舐め犬としてである。 靴も乳首もマンコも、舐めろと言われれば舐めなければならない。 場合によっては薬をあらかじめ塗られている場合もアリ、その際は改めて薬を経口摂取することになる。 なお、ナースらは既に薬に耐性を持っているので、薬を舐めたり塗ったりしても激痛が走ることは無いらしい。 ナースは患者の身体のことは全てわかっている。 今更隠そうとしても無駄である。 怪我の幹部の訪台は解かれ、薬をより染み込ませるために噛まれるのだ。 また、骨折などお構いなしに、無茶な体勢でアナルにまで薬を舐め広げられる。 もはや怪我で痛いのか、薬で痛いのか、そもそも痛いのか、何もわからなくなる。 挿入は最後に行われる。 ただし、患者が動くことは許されない。 全てナースによって挿入からピストンまで行われる。 患者はただひたすらチンポを勃起させる以外許されない。 事前に薬を舐め広げられたことによりチンポは激痛を伴いながらも過去に類を見ない快感を得て、永久に勃起させ続けることが可能になる。 また、患者はナースが指定したタイミングで指定された場所に射精しなければならない。 大抵のナースはピルを飲んでいるので、中出しをすることになる。 チンポに薬を塗る段階で何度も射精させられたり、男潮を何度も吹かされたりしたとしても、ナースが満足する量の精子を出さなければいけないのだ。 かくして夜が明けるまでナースによる蹂躙は続く。 ナースのストレスが完全に発散された時、初めて患者は解放されることになる。 もし再度患者となり、ナースの奴●として性なる奉仕をしたければ、自らの身体を自らの手で痛めつけると良いだろう。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。

【奴隷 動画】 【VR】不良メイド更性調教 仕事をサボって飲酒&オナニーしていた不良メイドひなのちゃんを、玩具と媚薬で焦らして放置して性奴●に再教育 伊織ひなの 【無料 画像】

ボクは代々続く名家の跡継ぎ。 バカクソでかい屋敷に住み込みのメイドと共に暮らしている。 家族はいない。 いやもちろん両親は存在はしているが、物心つく前にメイドに引き渡されて育てられたから全く記憶にない。 メイドたちとの暮らしにそれほど不満はない。 飯は上手いし家事はしなくていい。 欲しいものは言えばすべて手に入る。 ただ、もちろんいいことばかりではない。 なにせこんな生活をしているのだ。 世間からすればボクという存在は親の七光りで甘やかされてわがまま放題で育ってきたクソみたいなヤツでしかない。 学校では孤立し、先生からはお金をせびられ、求めてもない贔屓をされ、実際にボクの性格は歪んでいってしまった。 そして歪んだのは性格だけではなかった。 性癖だ。 生まれてすぐからボクの言う事をなんでもハイハイ言ってくれるメイド服の女に囲まれて育ってきたのだ。 そんなの性癖が歪むに決まっている。 従順な女は面白くない。 生意気な女じゃないとそそられない。 ボクに歯向かってくるような、攻撃的で、自己中で、ガラの悪い女を、ボクは屈服させたいのだ。 そんなある日、新しく1人メイドが雇われた。 高時給に飛びついてきただけのメイドっぽさの欠片もない女。 仕事をサボり、備品を勝手に使い、ことあるごとに周りと衝突している。 そうそうこれだよこれ、こういう女を求めていたんだよ! ボクは心に決めた。 このクソメイドを絶対に調教してやると。 その生意気な口から、絶対にボクを敬愛する言葉を吐かせてやると。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
奴隷

【奴隷 動画】 【VR】パパ活をドタキャンしたのに飲酒と加工自撮りでかまちょする病み期でぴえんな地雷系ギャルを、拉致監禁レ●プして社会の厳しさを理解らせてやった。 【無料 画像】

女という生き物はクソでありゴミであり悪である。 なぜなら、毎日満員電車に揺られて出勤し、自分よりも若いくて生意気な上司に怒鳴られ、少ない給料から税金を引かれ、日々必死に食いつないでいるボクとの約束を仮病を使ってドタキャンするからである。 幼いころに両親が離婚して母子家庭になり、貧しかった故にロクな学歴も娯楽もなく、暑さ寒さに身体一つで耐え、苦しい人生を送ってきたボクの唯一の楽しみを、自己中心的な都合で簡単になかったことにするからである。 女であるというだけで周りからチヤホヤされて、男達から持ち上げられて、恋人を選びたい放題で、簡単にお金を稼ぐことができて、何をしても犯罪にならなくて、人生超イージーモードだからである。 許せない。 そんなの絶対間違っている。 女なんて、男のためにただ股を開けばいいのだ。乳を出し、股を広げ、男に奉仕をするだけの奴●に成り下がるべきである。女ごときに人権を与えた戦後の改革が全ての過ちだったのだ。 男に奉仕をして射精させることと、男の道具として金を稼ぐだけの肉オナホ。それが女という存在のあるべき姿なのだ。 絶対にわからせてやる。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。