肉きゅんパラダイスVR

【奴隷 動画】 【VR】お隣の地味な眼鏡娘は脱がすとすっごいスレンダー美巨乳BODYで【超肉感体液特化】男に触れられるとマン汁ダラダラで何度も絶頂を迎え求められ狂ったように生中出しSEX!! 【無料 画像】

元気ですかー!! 【肉きゅんパラダイス肉感地味眼鏡娘シリーズがやってきたーーーー】 むっちむち地味な眼鏡っ娘はなんと、、、 男に触られるだけで【ビクビク】イキまくっちゃう【超敏感体質娘】 そんな女の子がボクの家で介抱している所から物語は始まります…。 外を歩いているボク。 ご近所さんにすれ違う。 おどおどしている。 彼女は【お隣に住んでいる女の子】 学生さんなのか社会人なのかはわからないけども、出会ってから結構経過している。。。 帰り道 再び声を掛けようとするが何かを聞いていて気付かない。 するとハンカチを落としてしまう。 声が聞こえないので肩を叩いたら 【なんと気絶してしまった】 仕方がないのでボクの家に連れていくことに…。 寝ている女の子。 様子を見ているボク。 それにしてもえっちな格好だなぁ~。 全身を見回す。 こんな格好で買い物に行けるなんて【実は結構えっちな娘??】 期待がちょっと高まってしまうがそこは冷静に。 【寝返りを打つとなんとアソコガ湿っている!!】 嘘だろ、、、 こんな事って本当にあるのかよ。 めちゃくちゃ濡れてる。 【お漏らししちゃったのかな?】 でもなんだか粘り気もあるような。。。 おしっこ臭もしないし。 ソファーに垂れた液を触ってみるとややサラサラだがどうやら【マン汁】っぽい。 そっちがその気なら、、、 と言わんばかりにボクは彼女の服を開けるとそこは思った以上に【大きなおっぱい】 触ってみると吐息が漏れ出し【ビクビク】反応する。 もしかしたら【男に触れられるだけでビクビクイキまくっちゃう】漫画でありそうな娘だったり。 反応がとってもよく更に【マン汁がダラダラ】と垂れて履物は更に濡れる。 ビクビクと感じながらボクは濡れの発生源を触れてみる。 【感じている】 興奮したはボクは更に責め立てる!! これは逆に沈めてあげないと女の子がおかしくなっちゃう奴だ! そう言い聞かせガンガンに濡れ濡れの【マンコ】を服越しに責める!! 【仰け反りでイキまくり!!】 すると彼女が【ハッ】となり気が付く 恥ずかしそうに開けられていた服を戻す。 もぞもぞしながら何か喋っている。 「さ、さわられると、、、、」 「えっと。よごれてないですか?」 「すみません。こうなると自分だとどうしようもできなくって。」 「あ、のー。自分じゃどうしようもできなくって。」 「だめなんです。」 「あ、ちょっとあの。」 「あの。お願いします。」 吐息はぁはぁで必死に懇願している 【ラッキースケベ!!】 「少しは収まったと思うので。」 「お願いします。」 【乳揉み】 お願いされたからにはとことん責めまくる!! 乳首コネクリで高まりながらイク!! 静かに静かに【快楽を味わうかのように】じっくりイク!! パンツの上から手を突っ込んで指マン。 「すみません。ありがとうございます。」 キス。 覆いかぶさって女の子を更に責めていく。 「脱ぎますか?」 恥ずかしそうにだがしかしもっとして欲しい感じも出しながら。 乳揉み。 「気持ちいい。」 【乳首コリコリでビクビク痙攣震え】 「ちーくーびーぉぉ」 乳首でイキまくる。 「ここも、ここも触って。」 「こ、ここも触ってください。」 懇願マン●コ責め。 指マン。 じっくりと快楽を味わう変態地味娘。 「しゅしゅーごーい。もーっともっとー。」 パンツを脱がす。 「おねがいしましゅ。」 指マン 両手でボクの腕をつかんで【もっともっと】 声を押し殺しながら 「ああぁぁぁイクぅ!!」 マン汁まみれの指を舐めまくる。 「申し訳ないので、ええとええとあの。」 バックからジップロックに入ったマイ玩具登場!! 「えーっとえーとあの。外でこうなった時に持ち歩いているんです。」 バイブを舐める。 舐めまくる!! 「ここぉ。ここぉ。いっぱいいぱい気持ちよくしてぇ。」 立ちでバイブを挿入!! 「いぐっぐぐぐぐぐぐう」 即イキでガクブル娘。 「あぁぁ。気持ちいいです。気持ちいいです!!」 「奥まで。奥までぇ。」 「すみません。あのぉ。もっとください。もっとください。」 「ごめんなさいごめんなさいごめんな-さい。あぁすみませんすみませんすみません。」 【大量ごめんなさい潮吹き!!】 火照った身体はまだまだ収まらない。 「あぁ。これこれ使ってもらってもいいですか?」 電マで責める!! 「いいだめだめあぁぁぎもちいいい~」 「きもちぢぢぢぢいいいい。」 「あぁぁぁ入っちゃうおまんこに入っちゃう。」 【デンマをマ●コに挿入!!】 性欲モンスター降臨!! 【ジェット潮吹き噴射!!】 「あの、えと。あの、オチンポ。オチンポを頂けないでしょうか。」 キス 「おちんぽが欲しいです。」 「どうしたら?どうしたらオチンポがおおきくなりますか?」 乳首を舐める 【イキまくり覚醒したオンナの子は痴女化!!】 「乳首が凄い。すんごいビンビンになってますよ。」 「もっとぉもっとぉおチンチンビンビンにしてぇ。」 【眼鏡】をはずす!! 女の子本気モード突入!! 【ギアチェンジで全身リップ!!】 じゅるじゅると音を立てながらボクのチンチンを元気にするために責めまくる。 「おちんちんすごーくかたくなってる。あつーい。硬くなってるぅううう。はやくこのおちんちんいれたーい。」 囁き「もっともっともっと。このおちんちん硬くさせていただきまーす。」 「オチンポ見せてください。」 「オチンポすごーい。」 「私が思ってたのよりもっとおおきい。」 「もっともっともっとチンポに血液まわしてぇ~。」 「あれ?あれあれあれ??だらしない顔になってきました。」 囁き「すごーい。こんなにあっついオチンポ。もっとオマンコ濡れちゃう。オマンコ汁もっと垂れてきちゃーう。」 フェラ。 「もっともっと奥まで~。」 【餌付く位の喉奥フェラ】 「もっとほしい~。」 フェラをしながら自分のオマンコを触る 「オチンポから我慢汁がいっぱーい。」 「イクイクイク。おちんちんをお口にくわえながら。」 【ジェット潮吹き】 「ご、ごめんなさい。あぁぁすいみません。私だけ気持ちよくなっちゃって。」 「ちゃんとちゃんと気持ちよくするので私におチンコ下さい。」 パイズリ 「この中どうですか~?」 「もっと硬くもっと熱く~。」 「あぁぁ凄い凄い。どんどん熱くなってる~。」 乳首ずりで自分も気持ちよく 「コリコリ当たってる。気持ちいい気持ちいい。」 「あぁごめんなさい。また私だけきもちよくなっちゃって。」 【喉奥フェラでイクオンナ】 顔舐め。 「入れてください入れてください入れてください。」 対面座位 「おっきくてすごーい。」 「はぁ~すごーい。もっと奥までぐちょぐちょさせてください。」 【サイコパスばりにボクのチ●ポに貪り付く】 「お、おく、おく、奥凄い。おくすごい。あぁぁーーーーイック。あぁーーーー。」 激しいグラインドでイク!! キス。 「ぐちゅぐちゅ言ってる。おちんぽおちんぽおちんぽ。」 「あつい。いっぱい出てる。いっぱいおまんこに。出してくれたんですかぁ。」 【対面座位中出しで1発目】 「おいしい~。もっともっと欲しいんです。足りない。もっと欲しい。」 お掃除フェラ。 「すごーい。まだかたーい。いっぱい。いっぱい欲しい~。」 背面座位。 変名背面座位。 「もっともっと~。奥まで欲しい。奥まで欲しい。おまんこにください。」 「あぁイクイクイクイク~。」 【背面座位中出しで2発目】 「もっとオチンポ汁おまんこの中に出してもらっていいですかぁ?」 変形バック 「足りない×4もっと欲しい。足りないもっと激しくして欲しい。」 「あぁぁ遂にキターーーー。」 【変形バック中出しで3発目】 「でてこないぃ~。もしかして出しすぎて精子が少なくなってきちゃいましたぁ?」 「らめれすよぉ。もっとオチンポ汁くれないと。もっともっと。」 お掃除フェラ。 キス 「べっどぉ行きましょ~。」 寝かされたボク。 自前のオイル投入!! テカテカ 「これ使って~。オイルいっぱい塗ってぇ~。」 「たくさん触って~。」 乳揉みまくり。 マンコもテカテカ。 指マン。 お尻を見させる。 「お尻にオイル塗って!!」 「こうやってヌルヌルにしてぇ。」 「もっと近くで見て。お尻の穴全部。ちゃーんとよく見てぇ。」 前屈69 「オチンポ汁もっともっと。」 乳首さわさわ 前屈乳首舐め。 【迫りくる敏感BODY】 お尻顔騎。 「こっちも舐めてぇ~。」 【変形3点責め!!】乳首は気持ちいい!! 「オチンポもっと欲しいなぁ~。いいですかぁ?」 騎乗位 「あ、あぁ。あぁーーーーー。」 スパイダー捕食騎乗位!! グラインドでチンポを貪る!! 「ゴリゴリ。奥にゴリゴリ~。あぁぁぁぁーーーーー。」 仰け反りイキ!! 「もっとぉもっとしてぇ~。」 【激しすぎるノンストップ汗だく騎乗位】 乳首舐め騎乗位は最高!! そして大量得大噴射!! 「へや汚しちゃったぁ~。たまらなあい。」 顔舐め。 囁き「おまんこのなかにオチンポ汁いっぱい出してぇ。まだ足りなぁーい。」 「まだ足りないの~。」 涎を垂らしながら。 「もっと欲しい~。きてきてきてきてきてーーーーーーーーーーーー。」 【騎乗位中出しで4発目】 背面騎乗位 「あぁここここぉ。」 変形背面騎乗位 「いっぱーい。おちんぽいれて~。もっとここに~もっとここに~。」 激イキ潮吹き噴射!! 汗もとまらない!! 囁き「ねぇもっとオチンポ汁だしていいんだよぉ~。」 【パンパン止まらない杭打ち騎乗位中出しで5発目】 満足したのかハット我に返る女の子 【眼鏡】をかける 「あ、ごめんなさい。またやっちゃた~。」 「あぁすみません。あ、え、あと。すみませんでした。粗相を。」 「でもあのえと凄く気持ちよかったです。」 「よかったらまたまた伺ってもいいですか?」 「ありがとうございます。」 嬉しそうに【笑み】を浮かべながら。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。

【奴隷 動画】 【VR】【超肉感特化】シン・変態ママが毎朝『いいこいいこ』で可愛がってくれるのは成長期の息子!!汗だく&テカテカ濃厚淫性交VR 月島さくら 【無料 画像】

【この作品を観る上での心構え】 仕事や人間関係、将来の不安や、明日やらなければいけないタスク。 そんな雑念は全て忘れてください。 心を解放して、リラックスしてください。<br/> 貴方は、成長期の【僕ちゃん】です。 これから貴方は、爆乳の変態ママから、無償の愛情を注がれます。 ママの愛情の海に身を任せましょう。 ローションは温まってますか? オナホールは人肌まで温まりましたか? ドアの鍵は締めましたか? それでは行きましょう。 【こんなお話しです】 僕を毎朝起こしに来てくれるママ。 僕は、成長期真っ只中でいつも朝勃ちしている!! 寝ているボク。 やってくるママ。 「僕ちゃん起きて~」 「今日はお休みだけどもうそろそろ起きないと。」 「ねぇ僕ちゃん起きて。」 チ●チンさわさわ 「あら?こんなになっちゃって。」 「そうしかたないわねぇ」 「ほらそろそろ起きて」 チンチンに向かって。 「かわいい」 ち●ちんさわさわ 【パンツを脱がして勃起チ●チンおはようございます】 「すごいわねぇ。」 「ほらぁ起きないと。僕ちゃん起きて。」 チ●チンキスからのじゅぼじゅぼフェラ。 【朝一の元気なチ●チンをじゅぼじゅぼフェラ】 「なに?ママ何してるのかって?見てわからない?起こしてあげてるのよ。」 【一心不乱にフェラ】 「そういえばまだおはようのちゅーちてなかったね。」 「おは僕ちゃん。」 キス。ベロキス。 「え?なに普通の家はこんなことして起こさないって。」 「何を言ってるのそれは他のお家がおかしいの。」 「みーんな恥ずかし駆ってるんだよ。」 「だからこれは普通の事なの。ママの言ってる事が信じられない?」 チ●チンシコシコ。乳首をさわさわ。 本当に僕ちゃん可愛いわね。 耳舐め。 ベロベロ舐められまくる。 「耳も好きでしょ?」 「え、?どうしたの?おち●ちんこんなに硬くなっちゃって。」 乳首を見ながら 「こっちも舐めてあげる。」 「おち●ちんがどうなってるか言ってごらん?」 「朝起こしてもらってるだけなのにこーんなに硬くなっちゃって。」 フェラ じゅるじゅるフェラ。 「おちんちんがどうなってる?ほら見てごらん。」 「なに?イキそうなの?ダメよ。まだ白いの出しちゃだめだからね。」 「なに?そんなにママの事を見て。ちゅーしてほしいの?」 キスキスキス ベロキス。 【とことんボクをご奉仕してくれる優しいママなんです】 囁き「なに?なにか出ちゃいそうなの?怖いって?」 囁き「今何がどうなっちゃてる?教えて」 「そうなんだ?おチンチンから白いの出ちゃいそうなんだ?」 「でも怖いんだよね?やめておく?」 「どうしたいの?」 フェラフェラフェラ 「最後出しちゃいたい?じゃあもう普通のお家とか言わない?」 「ママのいう事を信じてくれる?」 「信じてくれるならいいわよ」 「ママのお口にいっぱい出してくれる。」 フェラ⇒【口内射精で1発目】 「すごい。」 ボクの精子を見せつける。 「いっぱい出た?いいこねぇ僕ちゃん。」 囁き「どう?気持ちいい?」 キス。 「おち●ぽミルクの味する?」 「じゃあママの唾、いつもみたいに飲んでくれるかな。」 美味しいママの唾をのみまくる。 「どう?おいしい?」 キス。 「本当に僕ちゃん可愛いわねぇ。」 いいこいいこ。 「じゃあ今日はお休みだからもーっといっぱい色んな事をしちゃおうね。」 服を脱いでママのおおきなおっぱいが露わになる。 「なーにそんなに見て。ママのデカパイみたいの?」 「いいよみせてあげる。」 ブラを取る 「僕ちゃんがそんなに見るから乳首が勃ったっちゃった。」 セルフ乳揉み 「もうこんなに乳首が勃ってっちゃる。」 「ホラ僕ちゃんおっぱいの時間ですよ。」 乳舐めさせ 「ほらこっちも。」 「いつものよく滑る奴、使おっか。」 オイル投入。 「見てぇ僕ちゃん。」 オイルを塗ってテカテカボディ。 「ママのデカパイテカテカよ。」 セルフ乳揉みで僕ちゃんに見せつける。 「なーにぃ?もう我慢できないって?ママのデカパイ大好きだもんね。そんなにさわりたい?いいわよ。」 「いっぱい触って。」 待望のママの乳を揉みまくり!! 下乳を堪能しながら見上げ乳揉み。 乳首コネクリイキ!! いいこいいこ「凄いわね僕ちゃん。ママのデカパイ弄るの上手ねぇ。」 「ママ乳首だけでイクようになっちゃった。」 「ねぇ僕ちゃんもっと触って。」 激しく乳揉み。 「あぁ僕ちゃんすっごい幸せ。いっぱい触って。」 高まるママ。 「そうよ僕ちゃん乳首感じるの。」 再び乳首コネクリイキ。 イキまくりなママ。 「なーに僕ちゃん?ママのお尻も触りたいの?」 「ママの身体はぜーんぶ僕ちゃんのものだから。だからお願いしてママのお尻を触りたいって。」 「テカテカでしょ?」 お尻をさわさわ見せつけ! 「どうママのお尻?触りたい?触りたいよね?お願いしてぇ。」 「いいわよママのお尻触って。」 お尻揉み揉み。 「いっぱいママのお尻触って。見てぇ。」 卑猥な手つきで揉みまくる!! 「気持ちいいよぉ。ほーんとママのお尻好きなのねぇ。」 「なーに見たいの?いいわよ。脱がせてぇ。」 【アナルをガン見。ヒクヒクアナルを見まくり!!】 「僕ちゃん興奮してるのぉ?ママ恥ずかしいわぁ。」 正面に戻って 「お願い。僕ちゃんが生まれた場所。ここ、ここもお願い。」 「僕ちゃんの生まれた場所よ。」 マ●コを開いて焦らす僕。 「あぁ僕ちゃん。早く触って~。」 オマ●コを触る 「ビクビクしちゃう。ほらいっぱい触って~。」 イクイクイク。 「僕ちゃん。もっとイカせてぇ。ママの事をイカせてぇ。」 指マンで激しくイク!! いいこいいこ「よくできました。僕ちゃんいいこねぇ。」 「じゃあ次は玩具使ってやってみる」 電マ登場!! 「気持ちいいもっとして~。」 「だめぇイッちゃうイっちゃう。だめー。」 仰け反ってイキまくり!! 「僕ちゃん。もっとオマ●コズコズコして欲しいなぁ。早く奥までぶち込んで~。」 バイブを打ち込む 「僕ちゃん。オマ●コをギューってグチョグチョにしてぇ。」 【高まるママは何度も激イキ】 いいこいいこ 「僕ちゃんいいこねぇ。」 キス。 いいこいいこ 「僕ちゃん本当にいいこね。大好き。でもねぇこういう事をしてるの誰にも言っちゃだめだよ。だからママと僕ちゃんの二人だけの秘密にしてね。わかった僕ちゃん。いいこね。」 「じゃあもっといい事してあげる。」 乳首舐め手コキ。 「僕ちゃんイキそうなの?まだダメよ。イっちゃだめ。」 「ママがいいって言うまで我慢するのよ。」 フェラ。 「まだイっちゃだめよ。」 「ママがいいって言うまで我慢だからね。」 「今度はおっぱいでしてあげる。」 パイズリ 「ほらママのデカパイ。僕ちゃんの子供チ●ポが挟まれてるわよ。」 寸止めママ。 いいこいいこ。 「偉いわねぇ僕ちゃん。よく我慢してるわぁ。」 キス。 「じゃあまたおっぱいでいっぱいしてあげる。」 パイズリ 「我慢だよ。」 【暴発パイズリ挟射で2発目】 「僕ちゃんの白いの大好き。僕ちゃんに成長して欲しくて我慢してっていったんだよ。」 再びパイズリ 「あ、いっぱい出ちゃったね。でもまだ元気。」 【追いパイズリ挟射で3発目】 「まだ出るの?いいよいっぱい出して。」 【乳首舐め手コキ発射で4発目】 「まだイキたいの?お口で出してぇ。」 【フェラ舌上発射で5発目】 「まだイケるよね?いっぱい出してぇ。」 【キス手コキ発射6発目】 「いっぱい出たね。ほらおっぱい吸って。」 【授乳手コキ発射で6発目】 「いっぱい出てるねぇ。」 お掃除フェラ 「そうだお尻はどう?」 【尻コキ発射で7発目】 「いっぱい出してぇ。」 「こっちからも。」 【ママの肉感BODY素股で8発目】 「ぬるぬる過ぎて入っちゃったね。」 「でも中はダメよ。」 【騎乗位からの中はダメで外出し発射で9発目】 「いっぱい出して凄いねぇ。僕ちゃんえらいえらい。」 キス 「僕ちゃんママの事をもーっと気持ちよくしてぇ。」 上から乳を舐めさせる。 クンニ 「舐めてぇ。いっぱい舐めて気持ちよくしてぇ。」 「あぁそう。僕ちゃん上手ね。」 イキまくりなママ。 いいこいいこクンニ 「僕ちゃん本当に上手。」 「さぁ今度は一緒に気持ちよくなろ。」 股抜け69 イク。 前屈69 「だーいすき。僕ちゃんと気持ちよくなってる。」 お互いにイク 「もっと気持ちよくしてあげる。」 チングリフェラで顔が近い!! そしてパイズリ! 【近距離のパイズリの破壊力!!】 「どうママのデカパイ。気持ちいい?」 「どんどん硬くなってるね」 「僕ちゃんこっちはどう?お尻の穴、舐めてあげるね。」 アナルを舐められる玉を舐められる。 「ママの中に入ろっか。」 【生挿入で騎乗位!!】 「僕ちゃん入ってるのわかる?」 「僕ちゃんの生まれたところに入っちゃってるよ。」 「僕ちゃん愛してるわ僕ちゃん。」 キスをしまくる。 「僕ちゃんはママの事を愛してくれてる?」 「気持ちいい?僕ちゃんおちんぽ気持ちいい?ママはおまんこ気持ちいいよ。」 耳舐め 「気持ちいいね。」 【グラインドグリグリ騎乗位】 「クリ当たってるのわかる?」 激しくなってイク 「あぁお願い。あぁぁぁーーー。」 イク 「ママイっちゃった。」 【本気の汗だくSEX!!】 「何?出ちゃうの?いいよ。ママのオマ●コにいっぱい出してぇ。」 【騎乗位中出しで10発目】 「凄い。いっぱい出てる。」 「でもまだまだ出るよね?続きしよ。」 背面騎乗位 「入ったよ。ねぇ僕ちゃん入ってるのわかる?」 【変形背面騎乗位で乳近い!!】 「ねぇ僕ちゃん。僕ちゃんも動いてぇ。」 【大迫力の乳が汗だくの本気SEX!!】 イキまくり。 「僕ちゃんもイっちゃった?」 【背面騎乗位中出しで11発目】 「いっぱい出たねぇ。」 「ねぇ僕ちゃん。まだ出来る?こっちに来て。」 対面座位 「ママが入れるから入れる所よーく見ててね。 「凄い。挿れてるだけで気持ちいい。」 「これからもママが管理してあげるからね。勝手に彼女作っちゃだめだよ。」 「え?パパともこんな事をしてるのって?ナイショ。でも僕ちゃんがこれからいっぱいしてくれるんでしょ?僕ちゃんはママだけのものだよ。これからもいっぱいしようね。」 激しく動いて 「気持ちいい。僕ちゃんあぁ気持ちいいよ。止まらない。なに僕ちゃんもイクの?」 「いいよ。出して出して~。」 【対面座位中出しで12発目】 「まだまだしよ。」 背面座位⇒振り向き背面座位 「あぁ気持ちいい。奥までズッポリ入ってるよ。」 盛り上がりイクママ。 「僕ちゃんも出そう?凄い元気ねぇ。いっぱい出していいよ。だして~。」 「僕ちゃんの白いの出して~。」 「あったかいとってもあったかい。」 【背面騎乗位中出しで13発目】 変形バック 「あぁすごーい。」 「凄いズッポリ入ってる。気持ちいい僕ちゃん?」 「なに?もう出ないの僕ちゃん。僕ちゃんもっと動いて。まだ出るでしょ?」 ママに言われて奮起の僕!! ママの為に頑張るぞ 「あぁ~ママイっちゃう。あぁあぁあぁあ゛ぁあ゛ぁーーーーー」 「出そう?いっぱい出して。弟が出来たらどうするの?出して出して~。」 【変形バック中出しで14発目】 「えらいね。僕ちゃんいっぱい出たねぇ~。」 キス。 「ねぇこっち来てぇ~。」 バック。 「僕ちゃん入れてみて。」 「あぁ凄いわ僕ちゃん。」 ガン突きでママをイカセまくる。 「もっと突いてぇ~。ママをイカせて~」 「あぁ気持ちいい。イっちゃいそう。イクイクイク~あぁ~。」 更に突きまくる。 「僕ちゃんも出そう?いいよだして~。」 【バック中出しで15発目】 「あぁ凄い。いっぱい出てきてる。もっとしてぇ。」 正常位 「あぁダメぇ。もっとしてもっとしてあぁもっともっともっとあぁぁぁ゛イグーーーー」 極み正常位 「気持ちいい。僕ちゃん。あぁぁぁ」 「もっと、もっと。もっとイキたい。僕ちゃんもっと突いて~。あぁイクイクイクイク~。」 【極み正常位中出しで16発目】 「イっちゃたの?あぁ凄いまたいっぱい出てる。」 「これからもいっぱいしようね。」 笑顔で【変態ママ】に見つめられながら…。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
奴隷

【奴隷 動画】 【VR】この令和にヘルメット被ってチャリ通してるような地味っ子幼馴染が、最近色気付いたので久しぶりに呼び出して超肉感特化な猥褻行為に興じた俺の話しを聞いてくれ。「恋人ごっこ」って楽しいね。 竹田まい 【無料 画像】

なぁ、お前さっき隣のクラスの男に呼び出されてなかった?なんだったの?告白?やっぱ告白じゃん。またかよ。最近モテモテだなぁ。茶髪にしてからずっとじゃん。なんて返事したの?え?また断ったの?もったいねぇ。バンドのボーカルやってて結構人気らしいよアイツ。(俺の名前は肉きゅんパラダイスVR。ちょっと変わった名前だが、これが俺の名前だ。超肉感特化のって言えば、分かるよな?見た目はなんていうか自分で言うのも悲しいがチー牛って感じだ。俺が話してるのは、幼馴染の竹田まい。思春期になってもスカートは長いままだし、ヘルメット被ってチャリ通してるし、今どきピッチ使ってる、いわゆる化石女子だ。全く色気を感じさせないが、最近茶髪にして垢抜けて、男子人気が爆上がりらしい。俺の知ったこっちゃねえが)てかさ、前から言ってるけど茶髪の次はスカート丈、超ミニな。紺のハイソとか履いてさ。そしたら俺、いつでもどこでもお前のスベスベした太もも触れんじゃん。生尻もガシガシ揉み放題だし。あーあ、早く夏にならねぇかな。なんで?って、また公園でしたいじゃん。分かってるくせに。『…あのさ、私は、キミに彼女が出来た時の為の、実験台なの?』なに泣きそうになってんだよ。俺に彼女が出来た時に俺が恥かくの、お前もイヤだろ?幼馴染として、助け合うのは当然じゃん。それとよ、最近性欲が凄くてさ。呼び出す回数増やしてイイ?オナニーって健康に悪いんだって。どうせ学校も同じだし歩いて5分の場所に住んでるんだからイイじゃん。減るもんでもねぇし。『…カラダだけが、目的じゃないよね?』お前さぁ。俺たちもうテレビゲームして遊ぶような歳でもねぇだろ?それによ、俺だけが気持ち良くなってるんなら話しは別だけど、お前もすげぇ気持ち良くなってるじゃん。しかも、お前、してる時すんげぇ幸せそうな顔してるし、気持ち良さそうな声出してるぜ。というかアレはもう絶叫か。何ていうか、身体が合うっていうか、やってる時のフィット感、ハンパねぇじゃん。そうだろ?もう何年も前だけど、初めてキスの練習した時とか、すげぇ興奮したよな。お前のクチ、すげぇ甘い味すんだもん。互いの身体、隅々まで舐め合ったもんなぁ。お前の舌、小さいけど温かくてすんげぇ気持ちイイんだよ。なんだっけ?「恋人ごっこ」か。お前、『好きだよ好きだよ』って言いながらビクビクしまくってたよな。時間空いちゃったけど、前みたいに学校終わったらさ、また俺んちに籠もってず~っとベロキスしたり、身体弄り合おうぜ。な?お前、次の授業サボれよ。次の時間体育やるクラス無いから、体育倉庫行こうぜ。あそこエアコンあるから。お前の身体見てたら昨日の続きしたくなってきちった。オナニーは身体に悪いからよ。汗かいてる?俺も汗かいてるし。いつもみたいに俺の汗全部舐め取ってくれよ、なぁ。お前、顔はガキのまんまだけど、身体はホント成長したもんなぁ。あぁ早くお前の裸、見てぇよ。たくさん弄ってやるからさ。大丈夫だって。大きい音出さなきゃ誰も来ねぇよ。『…私の気持ちは、どうでもイイの?』だからさ、お前モテモテなんだから、彼氏作ればイイじゃん。お互い縛らない方が気楽でイイだろ?え、俺ってめっちゃイイ奴やん。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
奴隷

【奴隷 動画】 【VR】密かに男子人気が高い地味なクセに超肉感特化したラク○スサークルの女子大生を陰キャな俺が呼び出してイチャラブセクロスでチ○ポ堕ちさせて俺の言いなりにした話しVR 辻さくら 【無料 画像】

なんだ、お前か。俺が学校に来ててビックリした?あぁ、出席日数が少なくてこのままだと留年するぞって。ぃゃ先生じゃなくて教務課の職員みたいな奴に呼び出されたんだ。まぁ、もう学校に来る気は無ぇけどな(笑)(興味無いとは思うけど、俺は肉きゅんパラダイスVRだ。そうそう、聞いた事くらいはあるだろ?超肉感特化の、アレだ。)お前が俺に話しかけるなんて珍しいな。てか初めてなんじゃないか?なぁ。俺以外のゼミの皆は元気か?そうか、そりゃ良かった。え?俺は【辻さくらの彼氏なのか】だと?なんだ急に。俺と辻さくらが公園で話してる所を見た奴がいる?それだけで付き合ってるって決めつけるのは横暴だな。しかも、けっこう前の事だろ?「かなりの男が辻さくらに告白してるが『好きな人がいるから』って断られてる」のか?だからって、こんな陰キャ丸出しの引きこもりの事を、その辻さくらが好きってのは、有り得ないだろう。と言いたいところだがよ。とりあえず、辻さくらの【好きな人】が俺かどうかは置いといて。アイツ、そんな人気あったんだぁ(笑)まぁ、真面目だし優しいし。瓶底メガネからコンタクトに変えた時は、俺も少しだけグッと来たよ。少しだけな(笑)「いまも辻さくらに言い寄る男は後を絶たない」?ほほぅ、そんな人気あったんだ。知らなかったわ。へー。まぁ、分からなくも、無いわ(笑)アイツ、実は可愛らしい顔してんだよな。でよ、ラク○スで鍛えられたあのカラダも、堪んねぇよな。出るトコはしっかり出ててよ。肌なんか超しっとりしててなめらかで(笑)「なんでそんな事知ってんだ」って?まぁ落ち着けよ。深呼吸しろ。いいか?アイツ、根が真面目だからよ、俺が【悩みがある】なんて言ったら真剣に聞いてくれるし、【一生オンナと縁の無い俺の人生なんて無意味だ】なんて言ったらよ、一緒に悩んでくれたりしてよ(笑)いやぁ、ホントにいるんだな。断れない、嫌って言えないオンナ。辻さくら、アレはきっとそういう奴だぜ。最初のウチは、反応も薄かったんだけどよ、キスしたら、トローンってすんのよ。一気にカラダのチカラ抜けちゃってよ(笑)それが分かったら後は早かったぜ(笑)服脱がせたらよ、生意気にも想像以上にキレイなカラダしてやがってよ。アイツのカラダ見ただけで射精しそうになったもんよ。いま思い出しても興奮する(笑)やべぇまたアイツのカラダ恋しくなってきた(笑)ずっと声我慢してたけどカラダ弄くり倒してたら吐息漏らしてたぜ(笑)一丁前に恥ずかしがってたわ(笑)アイツ、相当敏感なカラダだからいろいろ楽しめるぜ(笑)AVで観たことは一通り試したし、実家の仕送りで通った風俗の真似事とか仕込んだりしたら、ますますエロに磨きがかかってよ(笑)仕草とか身のこなしもなんかエロいのなんのって(笑)あぁ堪んねぇ(笑)あ、もしかしてその時期なんじゃねぇかな。辻さくらがモテ始めたのって。あの顔にあのカラダ、で色気が出ちゃあよ、そりゃ人気も出る訳だ(笑)俺といる時は、気持ちを込めて「好き」って言い続けろって言ったら、頑張って言う通りにしてたよ。たぶん、自分で言ってるウチに心が勘違いしてホントに俺の事好きになっちまったんじゃねぇかな(笑)俺が呼び出した時は、必ずノーブラ、Tバック、パイパンで来いって命令してたら、しっかり守ってたしな(笑)いやぁ、俺を見下してた連中、ざまあねえな(笑)辻さくらのカラダを一番知ってるのは、俺なんだよ(笑)おいなんだよ。怒ってんのか?あぁ(笑)お前もか(笑)お前も辻さくらが好きなのか(笑)お前も「言い寄る男」の一人なのか(笑)そんなカッカすんなよ。とりあえず深呼吸して。そうだ。落ち着いたか?じゃあよ、俺の追体験、してみろよ。皆の憧れの辻さくらを独り占めしちまえ。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
奴隷

【奴隷 動画】 【VR】男友達として接してた弾力満点柔らかボディで超肉感特化なアイツを呼び出して身体を弄くり倒してたら最後はメス堕ちした話し 真琴つぐみ 【無料 画像】

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。どうも。肉きゅんパラダイスVRです。超肉感特化VRやらせてもらってます。ちょっと話し聞いてくれませんか?…いや面白いかは最後まで聞いてから決めて下さいよ。良いですか?話しても。俺には幼馴染のグループみたいのがあって、ずっと一緒の5人組がいるんですよ。ほぼ全員オトコなんですが一人だけ女の子がいて。ボーイッシュっていうか、いつもオトコみたいな格好してて、ノリも良いから他の奴はその子を男友達みたいに扱ってるんですよ。名前は「つぐみ」で、オトコともオンナとも受け取れる名前してるから、女の子だってのも忘れて「おーい、つぐみー、遊ぼうぜー」みたいな感じでいつも皆で集まってて。まぁ俺自身も、幼馴染で集まる時は男友達みたいな接し方してるんですけど。他の奴がつぐみを本当はどう見てるかは分からないですけど、ぶっちゃけ可愛い顔してるんですよ。で、めっちゃ触り心地が良さそうなエロいカラダしてて。思春期を迎えたばっかの時なんか、遊んでる時につぐみのカラダを盗み見して脳裏に焼き付けて、家に帰ってひたすらシコったもんですよ、ええ。で、誰にも言ってないんですけど。実は、我慢出来なくなっちゃって。時々つぐみを呼び出して、いろいろしてたんですよ。いろいろ?いろいろは、いろいろですよ。まぁ、「お互い彼氏彼女が出来た時の練習しようぜ」とか「こんなコト頼めるのはお前だけなんだよ」とか「困ってるんだから助けてくれよ」とか適当なコト喋りまくって言いくるめて。たくさん「好き」って言わせたり、ベロチューしたり、おっぱい揉んだり。最低?いや最低なんすか俺?だって、つぐみ、スゴい恥ずかしがってましたけど、「イヤ」とか「やめて」なんて一度も言ってなかったですよ?そんで、やっぱ男子学生なんてただ出したいだけの猿ですから、「オナニーするくらいならつぐみ呼んじゃえ」って、つぐみのスケジュール把握しておいて、呼び出してはエロいコトしてたんですよ。そのコト誰も知らないのって?俺は誰にも言ってないんで、つぐみが誰にも言わなければ二人だけの秘密ってコトですよね。その後も幼馴染で集まっても、つぐみはそんな態度は取らないし、言う素振りも見せないんで。俺?俺はやっぱ、こんな可愛くてエロいカラダ、独り占めしたいじゃないですか?だから、ずっと誰にも言ってないですよ。だから集まった時の優越感ったら凄くて。心の中で「お前らのアイドルのつぐみは俺とあんなコトやこんなコトしてるんだぞー」ってね。大学に入って皆の生活サイクルが変わっちゃって、集まりにくくなってきて。俺なんか大学超つまんねーじゃんとか思って、親が借りてくれてる大学近くのアパートでダラダラしてて。時間見つけちゃあ「エロ・無料」とかで検索してサクッとシコってサクッと後処理してたんですけど、ある日、「あぁ。つぐみ元気かなぁ」って思い出したんですよ。つぐみにしたエロいコトを思い出したらめっちゃ興奮しちゃって、ソッコー電話したんですよ。正直、過去のコトは忘れたいとか、思い出したくない、とか思ってたら迷惑かな、とは思いましたよ少し。呼び出し音が鳴ってる間は。でも、もう勃起してるし。やっぱ理性は本能に勝てないですよ。つぐみの反応?あー。最初は「元気―?」とか「久しぶりじゃ~ん」とか明るい感じでしたけど、「今から会えない?」って言ったら、声のトーンが暗くなってたかな。うん。まぁ、待ち合わせした時なんか、普通に話すけど、明らかに警戒してましたもん。俺のコト。でも、勃起しっぱなしだし。なんならネットでエロ動画見まくってエロ孔明になってたもんだから、そのコトで頭がいっぱいで。え?話しが長い?本題を早く?ひょっとして興奮してくれました?良かったー。あー、そうですね。じゃあ、実際に俺の追体験、してみてくださいよ。で、終わったら感想、聞かせて下さい。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
奴隷

【奴隷 動画】 【VR】【超肉感特化VR】クラスの能天気な幼馴染(男)が、ある日突然女体化しちゃって童貞のクセにSっ気たっぷりな俺の前でアイドル顔&色白肉厚ボディ&剛毛な陰毛を不用心に見せてきて超興奮しちゃって「お前に協力するから」って言いくるめて… 弘前綾香 【無料 画像】

【超肉感特化&女体特化シリーズ、ラスト作品】僕には幼馴染(男)がいて、昔から変わらず能天気で明るい奴なんです。奇跡的に今は同じクラスでして、人見知りな僕をクラスの行事に巻き込んでくれたりして、感謝してるんです。そんな奴が数日前から学校を休んでて、「ご時世的に、奴もとうとう…」って思ってたんです。ある日、家でいつものようにクラスメートの女子の制服姿とかと思い出してシコろうかなっと準備してて。そしたら、奴の番号から電話があって「やっと治ったか?」と思って出たんです。するとテンション高めな可愛い女の子の声で『ヤベェ事になっちまったぜオイ!』とか言ってるんです。でも、クラスメートや周りにこんな乱暴な話し方する女の子がいなかったので、モゴモゴしてました。そしたら『あぁもう!今からお前んち行くから!待ってろ!』ってブチって切れまして。すぐに家に女の子が来ました。可愛い顔してるし、何故か男子用のウチの学校の制服着てるし、何より、ムッチリしてて、ゾクゾクしました。『ほら、電話で話した通りだろ?』って言ってましたが、意味が分かりませんでした。『…だから、オンナ?になっちまったっていうか。お前、ガリ勉じゃん。クチ堅いじゃん。助けてくれよ』って言われました。可愛いなぁ、って言う感想だけでした。でも、よくよく話しを聞くと、やっぱり奴なんです。『走って来たからよ、アチーわ。ズボン脱ぐわ』って制服ズボンを脱いで、驚愕しました。縞々の小さ過ぎるショーツを履いていて、しかも剛毛な陰毛がかなりはみ出てました。僕は、思わず、幼馴染(オンナ)に「協力してもイイよ」って言っちゃいました。『うわぁマヂ助かるわ。とりあえず何からすれば良いんだ?』って言ってました。その言葉でスイッチが入った僕は、見た目が僕好み過ぎる幼馴染(オンナ)の舌をたくさん触ったり、頭を撫でたり、胸を弄くったりしました。『なぁ、コレ、意味あんのかよ…』とか言ってましたが、「じゃあ止める」と言うと『ごめん、俺のカラダ、好きに弄くって良いから、怒らないでくれよ』ってまとわり付いて来ました。もう、勃起しっ放しでした。溜まった性欲や拗れた妄想のせいでSっ気たっぷりに成長した僕のモヤモヤを幼馴染(オンナ)にぶつけました。最後の方は、自分の方から『もっとして欲しい』っておねだりするようになりました。僕が敢えて冷たい視線を浴びせると、『もっとしてくださいお願いします』っと丁寧におねだりするようになりました。童貞な僕は、恋人同士がするようなイチャイチャをしてみたり、急に強引に責め抜いてたりを繰り返しました。幼馴染(オンナ)は混乱して、『急にどうしたんだよ』『おかしくなる』『なぁ壊れちゃうよ』と懇願してきました。僕は、最高の ‘おもちゃ’ が壊れるか壊れないかのスレスレを楽しみました。その頃には、幼馴染(オンナ)は、完全にメス堕ちしてました、と思います。僕の追体験、してみてください。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
奴隷

【奴隷】 【VR】ママさんバレーに精を出す旦那持ちの真面目そうな年齢的に性欲ピークを迎えてる鉄マン超肉感特化性獣熟女に執拗に何度もスケベ行為を続け日頃の溜まった性処理&ストレス解消する為呼び出しVR 岩沢香代

『彼女が欲しい』って?どんな彼女が欲しいんだ?『同い年くらいの女子大生で、清楚なのが良い』だと?悪いことは言わねぇが、止めとけ。そんなんションベンクセェだけの、子供だ。
まぁ偉そうなこと言ってるが、俺も彼女は、いない。彼女は、だ。この超肉感特化でお馴染みの肉きゅんパラダイスVRお兄さんが、迷える子羊みたいなお前に、金言を与えてやる。すなわち…年上にしろ。これは間違いない。なんてったってよぉ。カラダのどこ舐めてもおいしいしよ。触ると肌が超しっとりしてて、柔らかくて。こっちがどんなムチャしたって笑顔で受け入れてくれるんだぜ。苦しそうな時もあるけど(笑)そうだ。これは実体験を元に話してる。信じてないのか?じゃあ聞かせてやる。俺のバイト先は弁当のライン工場で、全身覆った衛生服みたいの着てベルトコンベアーから運ばれてくる容器におかずを乗せていくんだけど。やってみたらヤバいくらいつまんねぇし時間が進まねぇからソッコーでバックレようかと思ったのよ。で、各ラインにはそれぞれ見張り役みたいな奴がいてグルグル回ってくんだよ。俺のラインのは、なんとなくオンナだってのは分かってて。1回注意された事があって、目を見たらめっちゃキレイでさ。目しか見えないから、顔が見たいなとかカラダ見たいなとか思ってたから、案外バイト続けられたのよ。で、ある日、休憩中にベンチ座ってたら、『貴方、若いのによく続いてて偉いわね』とかなんとか言って話し掛けてくるオンナの声がして、その見張り役だったのよ。キレイな顔立ちでさ、ピッタリTシャツとスキニーだったから、イイカラダしてるのが丸わかりでさ。俺、見た瞬間射精するかと思ったぜ(笑)勃起する前に精子が外に出ようとする感覚な(笑)なんか言わなきゃと思ったんだけど、思わず。「すみません、魅力的過ぎて射精しそうです」って言っちゃったのよ(笑)一瞬空気が凍ったんだけど、その後は吹き出しちゃって『ヤダ変な子~』とか言ってたかな。そっからは、バイト中でもよく目が合うし、勃起止まらねぇから、こっそり俺のもっこり見せたら、めっちゃウケてて(笑)【岩沢香代】さんって言うんだけど。香代さんは、いつも俺がバイト終わった後も工場の人と休憩室に残って話してるんだけど。ある日、一緒に帰れて。話すことも無くなったタイミングで「今度、香代さんのカラダ、ふやけるまでべっちょべちょに舐め回したいんですけど良いですか?」ってボケたのよ。俺が相当キモいのは分かってるから。なんて返すかな?っと思ったら、ずっとケタケタ笑ってるから、抱きしめちゃって。香代さん拒否しないし。「アレ?そういえば香代さん既婚者だよな」と思ったけど、もう止まらなかったよね(笑)「時間ある時はすぐウチのアパートに来い」って言ったら、結構な頻度で来るようになって。最初はずっとラブラブなセックスしてたけど、俺、Sだからさ。ちょっと苦しい感じのとか、恥ずかしいのとか、したのよ。でも、『大丈夫だよ。好きなようにして良いんだよ』とか言うから一時期は深いところまで行ったな。香代さんキレイな顔してるから、表情の変化が超興奮すんの(笑)真面目に生きてる人間ほど、心ん中ではドロドロした欲望とかストレス、抱えてるぜ。香代さん見てるとよく分かる。仕事中は背筋伸びてて、ハキハキしてて、厳しい感じなんだけど、俺とヤッてる時なんか、無我夢中で俺のカラダ舐めてくるし、勃起したチ○コ見たら、いやらしい顔して笑うし、イッた後、何故か睨んでくるし(笑)「あぁ、香代さんて俺のカラダ使ってストレス解消してんだなぁ」って(笑)だから俺も、バイトで怒られた日なんかは仕返しと言わんばかりにムチャクチャに激しく突いてやったわ(笑)堪んねぇよな(笑)最近?なんか『旦那にバレそうかも』って言ってて。バイト仲間に誘われたママさんバレーに打ち込んでストレス解消してるみたいだな。『落ち着くまで逢うのは止めよう』とか言ってさ。でも、あんなに毎日、猿みたいに延々と互いのカラダ貪ってたのに、急に人間が変われる訳ねぇよな(笑)俺は、開けちまったんだよ、香代さんのパンドラの箱をよ(笑)コレで、年上オンナの魅力、お前に伝わったか?いや香代さんが特別な訳じゃ、ねぇぞ、きっと。だったらよ、実は一昨日、ムラムラし過ぎて香代さん呼び出したから、その時の俺の追体験してみろよ。電話で「香代さんの顔見るの辛いから工場のバイト止めるわ」って言ったら、すっ飛んで来て可愛かったから(笑)ママさんバレーのユニフォームみたいの着てたぞ。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。